【シェア数25万件超】facebookマーケティングでも360度動画の事例

事例

facebook(フェイスブック)を使ったマーケティングは多くの企業で展開されています。コンテンツを多く持つ企業であれば、写真や動画を使った配信で「いいね」「シェア」を多く獲得しようとした戦略が行われています。

そんな中で、最近のトレンドともいえる360度動画を使ったプロモーションの事例をご紹介します。今回は、海外ドラマのゲーム・オブ・スローンズの事例です。

シェア数25万を突破!人気の360度動画

日本でも、人気の海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。
https://warnerbros.co.jp/tv/gameofthrones/

海外ドラマなので、その世界観をどう表現していくかは大事なポイントになります。と同時に、いかに多くのユーザーの興味関心を引き寄せることができるか、多くのユーザーに訴求できるかがポイントになります。

そこで登場したのが、360度動画です。ただ、そこでは終わりません。360度動画を使用しつつ、Facebookでの投稿を行うことで、より多くのユーザーの目に触れるような展開をしています。

動画自体は、世界観を表現しつつ、そのバーチャル空間を体験できるようになっていて、右を見たり、左を見たりできるようになっています。

ドラマやゲームの場合、こういった世界観の露出と同時に遊び心を要求されます。さらにfacebookの特性ともいえるシェアによって、その遊び心を刺激されたユーザーが、ユーザーに近い人へ訴求されます。結果的に、興味関心の高い人への伝播が強化されていく仕組みですね。

その結果、この動画はなんと25万以上のシェアをされています。1人のユーザーのfacebookユーザーが仮に30人だったとしても、750万以上の認知がされている計算になります。これはかなり大きな数字ですね。web広告で750万のリーチを獲得しようとしたら、数百万円の予算は簡単になくなります。また、今回の場合、facebookのシェアなので、ターゲット的にも近いユーザーへの訴求ができるので、血も濃い展開になっているはずです。

実際の動画です。
ゲーム・オブ・スローンズ
https://www.facebook.com/GameOfThrones/videos/10153647535247734/

360度動画とfacebookの相性はよい!

上記の事例から見ても、360度動画とfacebookのコンテンツマーケティング施策は、facebookのメディア特性上、かなり相性がよいものになります。

アイデアや切り口次第で、このような大きなプロモーションの活用に発展していく360度動画。体感効果も期待できるため、従来の動画よりも、よりユーザーへのインパクトも強く、興味関心の度合いを高めることができます。

ユーザーがより能動的にコンテンツを体験できる360度動画。facebookとのコラボでの展開をぜひご検討ください!

スマホ対応!Matterportサービスを活用した3D&VR動画撮影サービス
リアルに施設を表現! 歩くように、スマホで施設を回遊できるコンテンツ スマホ完全対応!MatterportのVR、3D動画コンテンツマーケティング 魅力的に。そして、立体的に見せるスマホ対応のVR、3D動画コンテンツを作ります...