フェイスブックで35万件以上のシェア!「XXXを探せ!」は360度動画でバズらせる

ゲーム

皆さん、ご存知「ウォーリーをさがせ!」。大人気のコンテンツですよね。この「ウォーリーをさがせ!」が今、360度動画業界では話題になっているんです。

というのも、リアルでも、バーチャルでも展開できて、シェアなどでバズってもらえるコンテンツになっているからです。フェイスブック上で35万件以上のシェアがされているんだとか。今回は、キャラクターPRでの、そんな360度動画の使い方のご紹介です!

360度動画で、リアル「ウォーリーをさがせ!」を体験

360度動画の機能は、全方位を見ることができること。また、ハードウェア、VRヘッドセットを使うことで、VR(バーチャルリアリティ)動画としての展開ができることですね。数多くのVR対応映像がアップロードされていますが、その中でも面白いのがコレ!

360度動画で、リアル映像の「ウォーリーをさがせ!」を体験できるコンテンツです。
VRヘッドセットを持っていなくても、スマートフォンやPCの画面を動かして、ウォーリーを探せるんです。

意外と、これ、面白いですけど、活用方法としては、地方自治体のマスコットキャラクター、ゆるキャラなどで展開して、キャラクターのPRとして展開するのは面白いかもしれませんね。PRの仕掛けとしての活用ですね!!

35万回以上のシェア!facebookで展開される「ウォーリーを探せ」

こちらも360度形式で展開されているもので、フェイスブックで掲載されています。PC、スマホどちらからでも閲覧可能。こちらは、フェイスブックだけに、バズが強いんですよね!

驚くべきは、そのバズられたコンテンツ力です。
フェイスブック上で35万件以上シェア
10万人以上が「いいね!」をしています。

画像タイプで作るので、こちらは製作コストが低いのもいいですよね。ただ、ウォーリーを探せ!のような世界観を作るのは難しいとは思いますが。

参考)
http://www.moguravr.com/360-wally-facebook/

いかがでしたでしょうか?
360度動画の使い方は、コンテンツをうつすだけではありません。こういったゲーム要素を用いることで、自然とユーザーへの認知度を高めていったり、プレス側への反響を多くとっていったりできる点がいいですよね。ぜひ、PRのコンテンツとしてご検討ください。

スマホ対応!Matterportサービスを活用した3D&VR動画撮影サービス
リアルに施設を表現! 歩くように、スマホで施設を回遊できるコンテンツ スマホ完全対応!MatterportのVR、3D動画コンテンツマーケティング 魅力的に。そして、立体的に見せるスマホ対応のVR、3D動画コンテンツを作ります...