360度動画比較!Youtube、Googleストリートビューとマターポートの違い

最新ニュース

最近、いろいろなお客様に相談されることの多い動画関連のサービス。去年は、ヴィメオなども会話にあがったりしていたのですが、最近は、ほとんど、Youtubeか、Googleストリートビュー、マターポートの話になります。これは、Youtube、Googleストリートビュー、マターポート、どのサービスも、360度、VR動画のサービスを展開しているからです。

昨今は、やはり、箱物サービスにおいては、360度、VR動画のサービス展開を意識されている方が増えてきているからですね。施設の紹介もそうですが、デジタルで誘導したユーザーをいかにリアルに誘導できるかが、鍵になってくるので、施設紹介ページから、他の予約ページなどに誘導したりできるか、なども、気になるようです。

そこで、今回は、360度動画視点でのYoutube、Googleストリートビュー、マターポートの違いについてのご紹介です。

利用者の多いYoutube、Googleストリートビュー

皆さんもご存知でしょうが、Youtubeは、スマホでの利用の非常に多いサービスです。スマホ普及が、youtubeを飛躍的に大きくさせたといっても過言ではないですよね。そして、Googleストリートビュー。こちらは、地図の観点での利用がメインでしょうが、こちらも利用者は非常に多いサービスです。

比較して、マターポートは、特定スポットに対するサービスなのと、まだ登場から新しいため、そこまで普及はしていません。

動画内の説明、リンクでは、マターポートが便利!

動画内の説明、リンク機能は、Youtube、Googleストリートビューにはありません。法人向けサービスの観点では、これは結構要望の高いサービスですよね。たとえば、動画内にレストランのメニュー看板がうつっていても、そこから、メニューの指す商品の詳細情報を得ることは難しい状況です。

対して、マターポートはこれが可能で、動画内から各商品、スポットなどの説明、そしてリンク設置も可能です。ただ、建物内の景観だけを見せたい!などの利用であれば、YoutubeやGoogleストリートビューでもいいかもしれませんが、そこから、もう1歩踏み込んで、ユーザーに利用してもらうなら、マターポートが便利ですね。

ソーシャルでの拡散しやすさは、Youtubeとマターポート

Youtubeとマターポートは、タグの埋め込み&Twitterやfacebookでのシェアを簡単に行うことができます。Googleストリートビューは、ソーシャルでの拡散をするのであれば、自分でURLをコピーして貼り付けるなどの作業が発生します。そういった観点で考えると、Youtubeとマターポートは、ソーシャル拡散力があると考えられます。

まとめると、こんな比較になりますね!

ただ、定点視点だと、こんなYoutubeの使い方もいいですよね。

ブラジル代表ネイマールになりきれる
「Nike Hypervenom II」
ナイキのシューズブランド「ハイパーヴェノム2」のPRとしての360度動画。
サッカーブラジル代表のネイマールさん視点でゴールを決めるまでを疑似体験できます。

これはGoogleストリートビュー、マターポートでは難しいですが、Youtubeでできる例ですね。

スマホ対応!Matterportサービスを活用した3D&VR動画撮影サービス
リアルに施設を表現! 歩くように、スマホで施設を回遊できるコンテンツ スマホ完全対応!MatterportのVR、3D動画コンテンツマーケティング 魅力的に。そして、立体的に見せるスマホ対応のVR、3D動画コンテンツを作ります...