リアルの面白さをバーチャル体験できる360度動画事例・ドドドンパなど

テーマパーク

2017年は、ソフトからハードへの回帰というのがよく言われた年でした。たとえば、日経MJの調べだと、豪華寝台列車での旅などが非常に売れていたり、ゲーム機でも、任天堂の大ヒット商品「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」なども、ソフトよりも、ハードが大きくクローズアップされました。

そんな中、施設や場所などを、いかにネットで、リアルに再現できるか、情報を伝達できるか、という観点で、360度動画は、2017年非常に大きく展開されてきた1年だと思います。

360度動画が2017年に広く普及した理由

最大の理由は、コストです。360度動画を視聴、あるいは、撮影・制作するコストがグンと下がりました。その結果、参入障壁のハードルが下がり、いろいろな場面で活用されるようになりました。特にエンタメ的な部分では、リアルをいかにバーチャルに表現できるか!という観点で、数多くの企業、マーケッターがいろいろと展開しています。

今回、気になったのは、富士急ハイランドさんのドドドンパ(ジェットコースター)のYouTubeでの360度動画です。動きのある、しかも、超スピード体験を、どう360度動画で表現したのが気になりますよね?

ジェットコースタードドドンパをバーチャル体験

さっそく、富士急ハイランドさんのドドドンパ(ジェットコースター)の動画を見てみてください。

【公式】ドドドンパ360度動画-2017.7.15オープン

富士急ハイランド(山梨県)のジェットコースター「ドドドンパ」の座席から撮影していますね。これがすごい、勢いを感じますね。リアルです。。このジェットコースター「ドドドンパ」は、1.5秒で時速180キロメートルになるので、そのスピード感は、十分、このyoutubeで伝わってきます。しかも、横や後ろと、自分は乗っていないので、悠長に見ていられますが、ジェットコースター「ドドドンパ」に乗っているときには、とても見ることはできないですからね。ジェットコースター「ドドドンパ」をリアルに、そして、普段できない「リアル」をバーチャルに体験できる動画になっています。

富士急ハイランド ド・ドドンパ 公式WEBサイト
https://www.fujiq.jp/special/dododonpa/
富士急ハイランド 公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCxG1cKg3x8q21kvkiSIgptw

視点を変えて!撮影スタジオ見学の360度動画

TV局の撮影スタジオはなかなか普段は見られません。そんなところも、しかし、360度動画、VR動画のマターポートなら、閲覧、体験できるのです。

■メキシコの「Imagen」というテレビ局 撮影スタジオ

照明の雰囲気などはTVでも十分ですが、スタジオ内の高さや広さ、普段見えているところとは違った角度で見れたりするのも新鮮ですよね。これも、「リアル」を「バーチャル」に体験できる切り口ですね!さすが360度動画、VR動画のマターポート。

2018年はより360度動画、VR動画の普及が進む!?

レストランや駅、マンションの来客スペース、工場の様子など、日常だけど、普段見えない場所の紹介などに活用がグッと増えてくるはずですね!!360度動画、VR動画のマターポートなら、SNSと連動させることで、より集客にも繋がってくるのが強みですよね。スマホ対応もしっかりしているので、2018年の最新マーケティングとして活用されることも増えてくるでしょうね!

【話題の360度動画の教育活用】子供の職業体験施設で360度ウォーキング動画
360度動画、VR動画は、今年大きく普及をし始めていますが、まだまだバーチャル体験ができる施設は少ない状況です。そんな中、意外と進み始めている領域が、教育領域なのをご存知ですか? 今回はアメリカで実際にある、いわゆる、子供の職業体験施...
キャンペーン開始。毎月先着1社限定!マターポートサービスが初期3万円!!
360度・VR動画のマターポート(matterport)。ホテル、不動産サービスでは、おなじみになってきているVR動画。ドレスサロンなどでも展開されていて、ドレスサロンのイメージを表現する部分でも使用されています。 阪急ウェディング ...
360度動画を活用してアクションへ!導線のある360度動画展開へ
最近コンテンツマーケティングの企業導入は非常に増えています。航空業界や、旅行業界、自動車など、webマーケティングの最先端企業だけではなく、クボタ社のようなBtoBの大型ビジネスなどを展開するメーカーでも行われています。 そんな中、コ...