映画「スタートレック」の世界観を表現!セットを有効に使う360度動画PR

テーマパーク

映画のサイトというと、今でこそ、いろいろなギミックの表現が増えましたよね。昔は、webで特報の動画を配信するのが最新PRのネタでしたが、今では、特報の動画配信は当たり前になってきています。

スマホの普及に伴い、Youtubeが一気に視聴されるようになりました。Youtubeは、これまでの映画PRの定番になってきましたが、特報の配信も、Youtubeでの配信が常套施策になっていますね。

しかし、一般化すると、PR施策としては落ち込んできます。そこで、占いコンテンツや画像投稿、エキストラ募集などのコンテンツが増えてきていますが、その世界観を表現するためには、それらは効果は持ちません。

映画「スタートレック」はセットを360度動画でPR!

360度動画、VR動画のサービス、マターポートを使って、効果的に世界観を演出するPRをしているのが、この映画「スタートレック」の事例です。
https://matterport.com/3d-space/star-trek-continues-bridge/

映画「スタートレック」はセットを360度動画で表現して、細部がこんなにできているんだ~というマニア心をつかんでいます。また、SNSでの展開も、マターポートならではの強みですよね。マニアの間でのPR、普及にも使われているようです。

映画のPRの場合、いかにファンが、そのコンテンツ、世界観を周囲の人に面白く伝えてくれるか?といった点が大きいと思われます。SNSに連結して、しかも、その世界観を、自由に動画の中で閲覧できるマターポートならではのポイントが生きていますよね。

そして、もう1つのポイントである、Youtubeだと広がりすぎてしまい、動画がひとり歩きしてしまう危険性も、マターポートなら、管理者がコントロールできるという点です。映画公式サイトへのアクセスへの誘導にもつながるし、Youtubeでコピーされすぎても版権的な問題で困る!といった問題の解決にもつながってきます。

世界観を表現しているエンタメの事例では、サーカスの事例もあります。

サーカス、レノンブロスサーカスの360度動画事例

Lennon Bros. Circus
http://www.lennonbroscircus.com.au/

こちらは、サーカスの舞台、席を紹介した動画になっています。サーカスに行かれた方ならわかりますが、どの席がどんなイメージで見られるのかが、普通の動画だとわかりにくいですよね。

マターポートなら、この席はXXXだということを伝えやすく、リンクや説明を入れられます。こういった細かいサービスができるのも、エンタメの世界では大事なポイントですよね。

スマートフォンでも閲覧ができるので、顧客がチケットを買うときの参考になります。こういった点では、Youtubeなどの動画よりも、静止画的に使えるマターポートのほうが、はるかにわかりやすくなりますよね。

美容サロンこそ、VR・360度動画で店舗紹介!matterportの美容院系事例
美容院、美容サロンといえば、やはり、きれいでおしゃれな空間を作っているイメージが強いですよね!実際、表参道や青山の美容サロン、銀座の美容サロンとなると、消費者にPRしたいポイントをしっかりと作りこんだお店が多いですよね。 ただ、そうい...
VRで未完成物件を見学。近鉄不動産がVRを販促に導入した理由とは!?
不動産でのVR活用事例はこれまでにもいくつか存在しています。遠隔地にある物件を手間や時間をかけずに見込み客に見学させたり、モデルルームの設営費を抑えるために、VRは注目が集まっている。 本日、報道者に公開された近鉄不動産株式会...